体力勝負から思考力勝負への変化

IT業界で働きたいと考えてきたエンジニアはSI業界に入ることがよくありますが、その現場での仕事の過酷さに疲弊してしまうのは珍しいことではありません。仕事が山積みになっていて、慣れてきてしまうと頭を使うよりも身体を使うというイメージができてしまいやすいのがSI業界です。そこで十分な経験を積んで、SI業界からの転向を考える頃には心身共に疲弊してしまっている場合もあります。

しかし、SI業界からの転向によってエンジニアとしてIT業界で働く面白さを発見できることも多いでしょう。それまでは体力勝負の現場で働いてきたという印象を持つエンジニアが多いはずです。しかし、その経験を生かして働こうと別の業界でシステムに携わっていく道を選ぶと、それまでの体力勝負の仕事が大きく変化します。

むしろ思考力勝負の仕事に切り替わるのが一般的であり、システムとの付き合い方がまるで異なったものになるのです。経験を評価されることによって戦力として全体を俯瞰する能力がある人材としての位置づけになる場合が多いからであり、たとえ開発に携わることになっても時間的にも体力的にも余裕を持てるようになるでしょう。

しかし、アイディアに対する要求は高くなりやすく、機転を利かせられる思考力は求められます。その違いを発見することによってエンジニアとして働く面白さを再認識し、SI業界で苦労してきた経験を糧にしてまた努力できるようになるでしょう。SI業界から転職を考える理由は人それぞれですが、どういう理由にせよ、今後のエンジニア人生を考えるためのきっかけになりそうなこちらのサイトを参考までに覗いてみてはいかがでしょうか。