管理職を目指して選ぶSI業界からの転向

管理職に就いて稼げるようになりたいと考えたり、大きなプロジェクトを動かせるようになりたいと希望したりするエンジニアは大勢います。大志を抱いてIT業界を目指してきた人が多いからですが、SI企業に就職して出世をしようとしても困難に直面することは珍しくありません。既に優秀なシステムエンジニアがいて、それを凌駕するほどの実力をアピールして実績を上げていくのが難しい場合が多いからです。

そのときにSI業界からの転向を目指すエンジニアもいます。管理職になるという目標はそのままに、まずはキャリアを作って次のステップとして管理職への転職を考えているのが典型的です。そのキャリアパスとしてよく選ばれるのがフリーエンジニアであり、独立して個人事業主として企業と対等に渡り合えるように経験を積んでいきます。

そして、十分に実績を上げて経営の視点も身につけたところで再び転職を考え、管理職として働ける業界を探すことになるのです。このようなキャリアパスを描く人は増えてきていますが、その結果として再びSI業界に戻ってきて管理職になるというパターンも少なくありません。

SI企業では優秀な管理職が不足しているケースがしばしばあり、フリーエンジニアとして働いてきて経験も豊富な人材を抜擢することが多くなっているからです。他の業界で管理職になるというエンジニアもいますが、昔の経験も生かすという考え方からSI業界で返り咲きしている人も多くなっています。