業界の特質を踏まえた転職活動が吉

SI業界と言えば、IT業界の中でも、設計・開発・運用・保守を一括で請け負って、顧客に提供していくのが主たる業務です。その中でエンジニアとして活躍した経験がある人なら、WEBサービスなどの独創的で進歩が著しく・競争が激しい職種でもなんとか活躍できるかもしれませんが、自社開発よりも受託開発などをメインの業務として来た人にとっては狭き門になってしまいます。

もし、Web系の転職を考えるのであれば、SI業界での経験の中で自分が培った専門的な強みをよく分析した上で、転職活動を行うのが良いでしょう。漠然とした管理の経験よりも専門的な技術経験などの能力値を示せなければ、なかなか担当者も能力を把握することができず、就職に結びつかない事が多いのが現状です。具体的に、どんなものを作れるのか客観的に示せないと評価してもらえないのがWeb業界の厳しい所です。

その他、SI業界からの転向で活かせる業界・業種はどんなものがあるでしょうか。その業界の特質として、総合的な管理を主たる業務としていますので、一企業に対して、また、ひとつの建物の中でシステムの管理者として顧客と応対するような仕事が一番です。

IT業界に限らず、会社でいえば総務のような仕事やシステム課のような会社全体のITシステムに関する職種が活躍できる職種です。その他にも、工事や工場の監理・監督的な仕事で工程を管理していく職種が活躍の場と言えます。総合的な管理をする仕事が転向先として有利に働きます。