SI業界からの転向を適性から考える

SI(システムインテグレート)業界は、進化のスビートが早く新しい技術が次々に開発されるという特徴があります。この業界で長くやっていくためには、常に新しい知識やスキルを取り入れる勉強が不可欠です。独自に資格を取るために勉強したり、新しい技術にアンテナを張り巡らせる素質が求められます。

SI業界の仕事はほとんどの場合チームで進められます。そのため対人コミュニケーション能力は重要です。人とうまくやっていく協調性が求められるのです。さらに論理的思考が出来て理詰めの会話が出来る必要があるでしょう。総じてコツコツ努力を続ける根気がある人、簡単に諦めない穏やかな性質の人が向いています。

SI業界からの転向を考える人の理由としては、非常に多忙で長期間労働が強いられる事や、仕事についていけなくなった、うつになった、などの要因が少なくありません。この業界はピラミッド構造になっていることが知られており、末端部で働く人は自分がどんな役に立っているのかがわかりにくい、限られた範囲にしか関われないため汎用性のあるスキルが身に付かないといった不満も見られます。

新しくSI業界に入ろうと考えている人の中には、プログラミング技術が必要かどうかを気にする人も見られますが、プログラミングはSIの仕事中の一部であり、特に大手IT企業では求められる人材が幅広いため、必要なら後から習得すればよいという考え方がよく見られます。一方、中小企業の場合は即戦力のエンジニアが求められることから、自発的にプログラミングを学ぶくらいの興味のある人が向いていると言えるでしょう。